「植物に秘められた創造主の叡智:作物学の視点から味わう」

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

高橋 清
2012聖書と科学カンファレンス講演録

創世記1章において、11節~12節、それから、29節~30節の2か所に、植物に関する記述がなされている。そこには、「種を生じる草」、「その中に種がある実を結ぶ果樹」、「緑の草」などが登場する。また、植物の役割は、主に、人間とすべての生き物たちの食物であることが明らかにされている。一方、詩篇104篇14節には、「人に役立つ植物」と記されている。この講演を通して、人間の衣・食・住の日常生活において、どれほど、植物が役に立っているか、作物学の視点から、共に味わうことが出来ればと願っている。

  • 価格:1,200円
  • 注文数: